バナー

高齢者福祉における老人ホームの位置づけ

高齢になって介護が必要となったときに、介護サービスとして利用できる高齢者福祉は大きく分けて3つあります。
ひとつは住み慣れた住宅で最後まで暮らすことを目標とした、在宅介護サービス。

基本も充実した有料老人ホームについての情報はこちらです。

ひとつは、地域の住民だけが利用できる地域密着型サービス。

最後は、特別養護老人ホームや老人保健施設などの施設サービスです。

今回は最後の施設サービスについてお話します。


施設サービスにもさまざまなものがあります。まずは社会福祉法人や医療福祉法人が運営している公共の施設があります。

特別養護老人ホーム(略称:特養)や、老人保健施設(略称:老健)と銘打たれた施設がこれに当たります。

この二つの施設の違いは、大きく言うと「在宅復帰を目標としているか、そうでないか」で別れます。



老健は在宅復帰を目標とする施設であり、入所期間は原則1年以内と定められています。
特養にはこうした期間はありませんが、要介護度3以上の方でないと入ることができません。

Yahoo!知恵袋について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

これらの施設は、毎月の支払い金額は少ないですが、その分入ることが難しい、という特徴があります。施設に入るために何百人も順番待ちをしていることも珍しくありません。

有限会社や株式会社が運営している、有料老人ホームというものもあります。

こちらは特養や老健と比べると、入所時の審査は厳しくありません。

その一方で入居一時金といって、施設に入るときにまとまったお金が必要になるとことが多いようです。
毎月の支払い金額も特養や老健に比べると高めです。毎月の支払い金額が30万円を超えるところも珍しくありません。

これから施設を探そうという人は、まず希望の施設に入るための条件を満たしているか、調べてみるといいでしょう。